作業服はつなぎタイプで

作業服というと、上着とパンツのセットを基本として、トップスは袖の長さのバリエーションや夏は上着を脱いでTシャツになるというスタイルになりますが、トップスとボトムスを一着でカバーできるのがつなぎです。
ウエスト部分にはつなぎ目がなく、一般的には前中心にあるファスナーで開閉を行うことになります。


着たり脱いだりするにも手早く行うことができる点であったり、洗濯をするにも一着だけでいいというメリットがあります。

つなぎの作業服情報サイトをご利用下さい。

他にも、つなぎはウエスト部分を絞らないというのも特徴的です。



上下で作業服を着る時には、ボトムスはウエストで固定をすることにもなるので締め付けによって動くにも窮屈になりがちですが、つなぎであればウエストはゆったりとしているので仕事の邪魔にもなりません。
ベルトを用意する必要がないというのも手軽であり、持ち運びにも一着だけで済ませることができます。



つなぎタイプの作業服となると、手軽であってもトイレに行く場合には困ってしまいそうに思われがちです。

手頃な価格になると機能性は劣ってしまいますが、ある程度の良い価格帯のものになるとトイレに行くにも不自由がない工夫が施されています。


男性用であれば前ファスナーが下側だけ開閉可能なタイプがあったり、お尻部分にファスナーがあって開閉ができるというデザインも販売されています。部分的にファスナーで開くことができれば、トイレに行くにも上半身が裸になってしまうということもありません。